2012年08月30日

いま親が死んでも困らない相続の話

いま親が死んでも困らない相続の話



相続であわてない、もめないための必携書!
相続が醜い「争族」を生んでしまうのは、何より事前の備えを怠ったためです。
相続税等申告件数年間300件を誇る相続ナンバーワン税理士法人代表が、豊富な実例を引きながら、
あわてない、もめない相続の極意と心構え、そして最新の相続税対策をお教えします。


「相続」と聞くと、お金持ちの話、ウチは関係ないと思うかもしれません。しかしむしろ小額の場合のほうがトラブルが発生しやすいのです。
「ウチは家族円満だから大丈夫」「法律で決められたとおりに」と思っていても、相続が「争族」を生んでしまうケースは腐るほどあります。
また、仮に何もトラブルがなかったとしても、相続に際しては膨大な事務手続きが待っています。

ほとんどの人にとって初めて経験する相続は、準備不足のまま迎えてしまうと、家族間の亀裂や絶縁、また深刻な心理的ダメージを
追ってしまう可能性が高いのです。
そうした事態を回避するための知恵とノウハウを、豊富な実例を紹介しながら解説していきます。

また、相続税法の改正新法が数年後に施行され、これまで相続税の課税対象とならなかった場合でも、
新たに対象となるケースが一挙に増える見込みです(約1.7倍)。
そうした事態に備えて、改正法の骨子と節税対策なども詳述しています。


第1章 ”その日”は突然やってくる
第2章 相続が”争族”を生むとき
第3章 遺された家族がやるべきこと
第4章 相続事例? トラブルの原因から回避策・解決策まで
第5章 遺言書は親子の絆の証明書
第6章 相続税は知らないと損する税金

いま親が死んでも困らない相続の話 (ソフトバンク新書)




  • SEO強化

  • seoの教科書

  • 最速SEO
  • posted by 相続 at 09:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。